yamada1

  1. home
  2. test1
  3. test2

こちらは、Surflyを無料で試せるサンプルページです。

◆ビデオチャット

Webページを共有しながらビデオチャットによるコミュニケーションが行えます。
※本サンプルページではご利用いただけません。

◆コブラウジング

顧客とWebページを共有しながら説明が行えます。Surflyの操作パネルから「ペンモード」を有効にすることでWebページ上に線を引いて説明ができます。

例えば、下のような動きのあるページでもリアルタイムに共有しながらお客様へ説明が可能です。

1つ目のアコーディオンのタイトル

ここは、1つ目のアコーディオンの中身です。

2つ目のアコーディオンのタイトル

ここは、2つ目のアコーディオンの中身です。

3つ目のアコーディオンのタイトル

ここは、3つ目のアコーディオンの中身です。

◆ドキュメント共有

PDFなどのファイルを共有して閲覧したり編集したりすることができます。ローカルから一時的にファイルをアップロードするか、インターネット上に公開されているPDFファイルのURLを指定できます。
例えば、Surflyの紹介リーフレットのURL「https://www.surfly.jp/pdf/surfly_flyer.pdf」を入力してお試しください。

◆動画共有

YouTubeの埋め込みAPIを使用した動画などは、音声を含めて共有することができます。
顧客側で動画が正しく再生されない場合は、顧客側でページ内の任意の場所を1度クリック(タップ)してください。
※動画共有時の音声は、同一端末上で確認することは難しいため、実際に試されたい場合には別のPCまたはスマートフォンにて顧客向けのURLへアクセスしてください。

◆申し込みフォームへの誘導

Surflyの操作パネルから「①操作権」を付与することで共有しているWebページへの操作を顧客に交代できます。ただ、個人情報を含むフォームへの入力や、電子サインを求める場合には、顧客側にページを開かせることで「マスキング」機能を活用できます。

操作例:

  1. Surflyの操作パネルから「チャット③」を開きます。
  2. テキストチャットに申し込みフォームのURLを入力し、送信します。
  3. 顧客側でも「チャット」を開くよう誘導し、チャット欄に表示されているURLをクリックさせます。
  4. オペレーター側が開かれたタブを選択することで、申し込みフォームページの共有が開始します。
  5. 操作権は顧客側にあるため、ペンなどで説明をしながらフォームへの入力をサポートできます。

サンプルの申し込みフォームページをご用意しております。上記手順で実際にお試しください。

申し込みフォームURL

オンラインデモ

  1. ビデオチャット
  2. コブラウジング
  3. ドキュメント共有
  4. 動画共有
  5. 申込みフォーム
  6. 規約の読み合わせ
  7. 電子サイン
  8. 送信ボタン